若者の留学・海外移住 『文化移民』書評

FacebooktwitterFacebooktwitter

 

『週刊東洋経済』2015年1月17日号 「いま読むべき日本論30冊」として『文化移民』が掲載されました
(評者 中央大学・山田昌弘教授)

 

「同質的でタテ関係重視の日本に嫌気が差し、海外にチャンスを求める若者が出てきた。藤田結子は欧米社会の自由な雰囲気に憧れ、日本を脱出してきた若者を文化移民と 呼び、その実態を調査している。彼女が発見したのは彼らが日本人であることを強く意識せざるを得ない状況だった。現地の欧米人からはステレオタイプ的な日本人象を押し付けられ、自分がマイノリティであることを自覚し、結局同質的な日本へ愛着が強まっていく・・・」(p.68)

 

『文化移民 越境する日本の若者とメディア』(新曜社、2008年)文化移民  新曜社HP  

FacebooktwitterFacebooktwitter