Publications

 

ダウンロード

Cultural Migrants from Japan: Youth, Media, and MigrationLexington Books, Rowman & Littlefield 2009 (USA).

“In recent years, a large number of young Japanese have been migrating to New York and London for the purpose of engaging in cultural production in areas such as dance, fashion, DJing, film, and pop arts in the hope of “making it” as artists. In the past, this kind of cultural migration was restricted to relatively small, elite groups, such as American artists in Paris in the 1920’s, butCultural Migrants from Japan looks at the phenomenon of tens of thousands of ordinary, middle-class Japanese youths who are moving to these cities for cultural purposes, and it questions how this shift in cultural migration can be explained.” link

◆Book Review

2010 Journal of Asian Studies, Volume 69 Issue 4, pp.1242-1244 link 

2010 International Journal of Japanese Sociology, pp.140-142 link

2011 The Journal of Japanese Studies, Volume 37, Number 2, Summer, pp.476-479 link

ロンドン大学に提出した博士論文を基にした研究書(英語)


 

 『文化移民 越境する日本の若者とメディア』 新曜社 2008

文化移民

◇第2回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞◇

◆若者はなぜ日本回帰するのか?

「最近、ダンスやアートなどで一旗揚げたいと、文化的な動機で日本から欧米に移住する若者が増えています。著者はニューヨークやロンドンに移住するかれらに密着取材して、脱国家的なかれらがどのように欧米社会を体験して、数年後にどう考えるようになったかを長期的に丹念に追います。そこから浮かび上がってきたのは、言語の壁、多民族・多文化社会で生きることの難しさを実感したことによる、「単一民族国家」日本への回帰です。電子メディアが普及すると国民国家は衰退する または国境は消滅するという仮説が、希望をもって語られてきましたが、現実には、むしろナショナリズムが強化されています。本書は、そのことをトランスナショナルな日本の若者の場合において如実に証明しています」 出版社 ウェブサイト   

書評  2008年10月12日 信濃毎日新聞 星野博美さん、2008年10月16日 週刊文春 前田司郎さん、2008年10月26日 中日新聞、2008年11月1日 共同通信、2008年11月9日 宮崎日日新聞 芹沢俊介さん、2008年12月9日 朝日新聞、2015年1月17日 週刊東洋経済 山田昌弘さん    


 

 『ワンオペ育児 わかってほしい休めない日常』毎日新聞出版 2017年 (台湾版、韓国版 2018年)

 

「最近、「マタハラ」「保活」「待機児童」「ワンオペ育児」など、育児に関する言葉がメディアに頻繁に登場し、旬のテーマとなっています。実のところ、子育て中の女性はたいていヘトヘトです。早朝から夜遅くまで家事に育児に、さらに仕事にと一日中働きづめ。家では誰かのためにタダの仕事、職場では男性よりも低い賃金の仕事という二重の労働を担って、毎日「ワンオペ」で十数時間働き続けています。まるでブラックな労働です。本書では、社会学の研究者であり、また教員であり、さらに4歳の子の母親でもある著者が、子育て真っ最中の男女をめぐる現状を取材し、当事者の立場から伝え、読み解き、乗り切る方法を提案します」出版社ウェブサイト

書評・本の紹介等  

2017年7月2日毎日新聞、2017年7月22日BuzFeed, 共同通信配信 (2017年7月22日 琉球新報、7月23日山梨日日新聞、7月24日下野新聞、7月26日秋田魁新報、7月28日新潟日報、8月1日 沖縄タイムス、8月1日福井新聞、8月2日信濃毎日新聞、8月6日四国新聞、8月12日山陰中央新報、8月17日岩手日報、8月24日福島民報、9月1日日本海新聞)、 2017年7月23日 読売新聞「著者来店」, 2017年8月3日 ハフィントンポスト、2017年8月3日 北海道新聞、2017年8月5日 聖教新聞、2017年9月1日 Wedge 、2017年9月6日週刊朝日 斎藤美奈子さん、2017年9月25日 下野新聞 ひらたともみさん、2017年9月25日東京新聞「私の本の話」、2017年10月1日三田評論「執筆ノート」, 2017年10月11日 wotopi 、2017年11月13日 BEST TIMES、2017年12月3日小学館 kufura、2018年主婦と生活社CHANTO 2月号、2018年『赤ちゃんとママ』2月号、2018年『女性としごと』No.54、2018年3月1日ダイヤモンドオンライン、2018年3月31日読売新聞大手小町2018年5月苫米地なつ帆さん「文献紹介」『家族社会学研究』第30巻

 

台湾版「為母則強,偶爾也要放過自己:一位社會學家的真切提醒」2018

韓国版「퇴근은 없습니다 오늘도 쉴 수 없는 독박육아」2018


 

藤田結子・北村文編 『現代エスノグラフィー 新しいフィールドワークの理論と実践』 新曜社 2013

 

「フィールドワーク、エスノグラフィー(民族誌)について、手紙の書き方、ノートの取り方から機器の扱い方まで、手取り足取り解説した本は多くあります。J・クリフォードらの『文化を書く』以来、文化を誰が、どこから、どう書くのか、という政治性が指摘されていますが、本書はそのような問題意識を組み入れながら、ポジショナリティ、自己再帰性、表象の政治、当事者研究などの基本概念を詳述し、介護、障害、ボランティアなどの新しい対象分野を取り上げ、さらにはフィールドに出たときに調査者が出会う初歩的な問題についても、体験をとおした適切なアドバイスをしています。これからのフィールドワークに必携の「思想的」ガイドブックといえましょう」 出版社ウェブサイト

 

書評  2014年7月 岡原正幸さん「パフォーマティブ・シンドローム」の中の調査実践とは : 藤田結子・北村文編『現代エスノグラフィー : 新しいフィールドワークの理論と実践』」『三田社会学』 No.19

 


藤田結子・成実弘至・辻泉編 『ファッションで社会学する Doing Sociology through Fashion』 有斐閣 2017

 

「自分の好きなことで勉強しよう!  実生活に身近な「ファッション」について考えることを通して,社会学に入門しようと

 

書評  2017年11月 難波功士さん「『ファッションで社会学する』」『書斎の窓』いう野心的な入門テキスト。ファッション誌のメディア史から最新の文化事象の分析まで,オーソドクスな社会学的思考にアプローチしていくファッション「で」学ぶ社会学。「女性ファッション誌を読みとく」「男性ファッション誌を解読する」「ファッション誌の歴史」「外見と自分らしさ」「ジェンダーを“する”」「コスプレとサブカルチャー」「ファッションのしくみ」「ストリートファッション」「ファストファッション」「国境を越えるデザイナー」「ファッションモデルの仕事から」」出版社ウェブサイト


 

      論文 Articles

  • (2019年予定)「グローバルな文化産業界――東京ファッション・ウィークおける若手デザイナーの事例研究」『明治大学人文科学研究所紀要』80号
  • 2018 「グローバリゼーションをいかに記述するのか――ニュース制作とオーディエンスのエスノグラフィーを中心に」『マス・コミュニケーション研究』(日本マス・コミュニケーション学会)93号 pdf
  • 2015「国境を越える移動と文化生産――ファッション界、料理界の調査から」『明治大学人文科学研究所紀要』76号,p.67-p.101.pdf
  • 2013 「欧米都市における文化生産と「日本らしさ」の構築 : ファッション,デザイン,アートの制作者のエスノグラフィー」 (公募特集 ポピュラーカルチャーの社会学)『社会学評論』(日本社会学会),63号4巻519-p535.pdf
  • 2012「『新二世』のトランスナショナル・アイデンティティとメディアの役割――米国・英国在住の若者の調査から」『アジア太平洋研究』(成蹊大学アジア太平洋センター)37号,17-p.30.pdf
  • 2011 “Fabricating Japaneseness? The Identity Politics of Young   Japanese Designers and Artists in Global Cities,” International Journal of Japanese Sociology, Vol.20, p.43–58. DOI: 10.1111/j.1475-6781.2011.01147.x. pdf
  • 2011 「多文化社会アメリカとメディア――人種・ジェンダーの表象を中心として」(特集:多文化社会とメディア)『マス・コミュニケーション研究』(日本マス・コミュニケーション学会)79号,45-p.61.pdf
  • 2010 村山陽・志岐裕子との共著「大学生のテレビ視聴の変化と記憶の個人化」『メディア・コミュニケーション』(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), 60号, p.131-p.140.
  • 2009 志岐裕子・村山陽との共著「若者のテレビ視聴とメディア並行利用行動―大学生のオーディエンス・エスノグラフィ調査から」『メディア・コミュニケーション』(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), 59号, p.131-p.140. pdf
  • 2008 「メディアが構築する外国イメージと若者の国際移動」『メディア・コミュニケーション』(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要), 58号, p.5-p.18. pdf
  • 2007「国境を越えるメディアとナショナル・アイデンティティ―米国・英国在住の日本人の若者の民族誌的調査から」『マス・コミュニケーション研究』(日本マス・コミュニケーション学会)70号, p.97-p.115. pdf
  • 2004  “Young Japanese Cultural Migrants and the Construction of Their Imagined West,” Westminster Papers in Communication and Culture, Vol.1, University of Westminster, p.23-p.37.pdf
  • 2004 「グローバル化時代におけるエスニック・メディアの社会的機能―ニューヨーク市の日系新聞読者調査から」『マス・コミュニケーション研究』(日本マス・コミュニケーション学会)64号, p.121-p.134. pdf
  • 2002 「エスニック・メディアのニュース制作―ニューヨーク市の日系新聞を事例として」『マス・コミュニケーション研究』(日本マス・コミュニケーション学会)61号, p.191-p.206. pdf

 

 本 分担執筆 Book Chapters

  • 2019 “Traveling Cooks: Restaurant Kitchens in Japan and France” Routledge Companion to Anthropology in Management (in progress, expected publication).  
  • 2015 「グローバル化時代のファッションを創る人々」明治大学商学部編『ザ・ファッション・ビジネス』同文舘出版
  • 2014 「グローバル化とファッション――日本人デザイナーの社会学」明治大学商学部編『これが商学部 ビジネスと教養』同文舘出版.
  • 2014 「サイバーフェミニズム――サイバースペースにおける身体とアイデンティティ」伊藤守・毛利嘉孝編『アフターテレビジョン・スタディーズ』せりか書房.
  • 2014 「トランスナショナルな空間に生きる「新二世」のアイデンティティ――家族との関わりに注目して」渡辺秀樹・竹ノ下弘久編『越境する家族社会学』学文社
  • 2008 “Cultural Migrants and the Construction of the Imagined West,” Media Consumption and Everyday Life in Asia, edited by Youna Kim, Routledge, p.217-p.230.
  • 2008 「文化移民――文化的活動をめぐる若者の国際移動」渡辺秀樹・有末賢編『多文化多世代交差世界における市民意識の形成』慶應義塾大学出版会,p.159-p.180.
  • 2008 「イギリス――エスニック・マイノリティのメディアとナショナル・アイデンティティ」 関根政美・塩原良和編 『多文化交差世界の市民意識と政治社会秩序形成』, 慶應義塾大学出版会,p.121-p.142.

 


口頭発表 Presentations

  • 2018 「共働き世帯にみられる「教育する家族」のジレンマ――働く母親による幼児期からの徹底育児」額賀美紗子・藤田結子, 第28回日本家族社会学会大会,中央大学.
  • 2016 “The Tokyo Fashion Week in the Global Field of Fashion,” International Conference on Design History and Design Studies 2016, National Taiwan University of Science & Technology.Taiwan.
  • 2016「グローバル時代におけるファッション産業の行方」パネル発表、成実弘至・大山真司・藤田結子、カルチュラルスタディーズ学会大会
  • 2015 ワークショップ「モビリティとメディア文化――人の移動とメディアが取り結ぶ関係から考える」司会者 山口誠 問題提起者 藤田結子,日本マス・コミュニケーション学会, 春季研究発表会,同志社大学.
  • 2013 「現代エスノグラフィーの理論と実践(6)マルチサイテッドエスノグラフィーの可能性」 第86回日本社会学会年次大会,慶應義塾大学.pdf
  • 2011 「文化生産と表象のポリティクス」 第84回日本社会学会年次大会,関西大学.
  • 2010 「文化生産における『日本人らしさ』の構築――海外日本人アーティストの事例から」第83回日本社会学会年次大会, 名古屋大学.
  • 2009 「トランスナショナル・アイデンティティとメディア――『二世』の若者のインターネット利用事例を中心に」第82回日本社会学会年次大会, 立教大学.
  • 2006 「国境を越えるメディアとナショナル・アイデンティティ――ニューヨーク・ロンドンにおける日本人の若者の調査から」日本マス・コミュニケーション学会,秋季研究発表会,成蹊大学.
  • 2006 「文化移民――ニューヨーク・ロンドンへ渡る日本の若者たちの調査から」第79回日本社会学会年次大会,立命館大学.
  • 2005  Fujita, Yuiko, “Young Japanese ‘Cultural Migrants’ and the Construction of Their Imagined West”(peer reviewed)International Communication Association Annual Conference, New York, USA.
  • 2001 「エスニック・メディアのニュース制作――ニューヨーク市の日系メディアを事例として」日本マス・コミュニケーション学会, 秋季研究発表会,東京大学.

翻訳、事典、エッセイなど

  • 2018年8月「男性の「家庭進出」を進めるために」『公明』2018年9月号
  • 2018年4月「育児と仕事のエスノグラフィー(23)「名もなき家事――見えにくい女性たちの負担」『究』85,ミネルヴァ書房
  • 2018年2月「育児と仕事のエスノグラフィー(21)子連れ出勤はなぜ批判されるのか」『究』83,ミネルヴァ書房
  • 2017年12月「育児と仕事のエスノグラフィー(19)女性に潜む「育児はママ」という意識」『究』81,ミネルヴァ書房
  • 2017年10月「執筆ノート ワンオペ育児」『三田評論』No.1215
  • 2017年10月「育児と仕事のエスノグラフィー(17)料理を分担しない父親の謎」『究』79,ミネルヴァ書房
  • 2017年8月「育児と仕事のエスノグラフィー(15)いかに「ワンオペ育児」という語は広まったのか」『究』77,ミネルヴァ書房
  • 2017年6月「育児と仕事のエスノグラフィー(13)ドラマ「逃げ恥」と大学生の意識」『究』75,ミネルヴァ書房
  • 2017年4月「育児と仕事のエスノグラフィー(11)父親が育児をしない理由」『究』73,ミネルヴァ書房
  • 2017年2月 「マイケルの国で勉強したこと  子ども問題シリーズ(1)子どもと勉強」『児童心理』臨時増刊,金子書房
  • 2017年2月「育児と仕事のエスノグラフィー(9)ワンオペ育児 ―― 一人で育児をする働く女性たち」『究』71,ミネルヴァ書房
  • 2016年12月 「育児と仕事のエスノグラフィー(7)家事育児分担と「家族の神話」」『究』69,ミネルヴァ書房
  • 2016年8月「育児と仕事のエスノグラフィー(3)女と男の家事・育児戦略」『究』65,ミネルヴァ書房
  • 2016年7月「育児と仕事のエスノグラフィー(2)セカンド・シフト  育児・家事という第二の勤務」『究』64,ミネルヴァ書房
  • 2016年6月「育児と仕事のエスノグラフィー(1)仕事と子育てをめぐる問題」『究』63,ミネルヴァ書房
  • 2014年4月 翻訳 Roger Silverstone著「メディアポリスとしての現われの空間」伊藤守・毛利嘉孝編 『アフターテレビジョン・スタディーズ』せりか書房.
  • 2013年 11月事典「交錯するエスノスケープ」『人の移動事典:日本からアジアへ、アジアから日本へ』東信堂

メディア寄稿

  • 2018年10月20日「”KaoRiさん告白”から考える「美的労働」の現実」 毎日新聞医療プレミア
  • 2018年9月5日「女性の少なさ変わらずがっかり」メディア時評  毎日新聞
  • 2018年8月17日「男性医師の家事能力と「東京医科大事件」の深い関係」毎日新聞経済プレミア
  • 2018年8月13日「シリコンバレーの驚くべき「男性優位・超ブラック体質」の実態」現代ビジネス
  • 2018年8月9日「一大学の問題ではない」メディア時評  毎日新聞
  • 2018年7月12日「記者の働き方改革は」メディア時評   毎日新聞
  • 2018年7月9日「私たちが「クソどうでもいい仕事」に忙殺されてしまう意外な理由」現代ビジネス
  • 2018年6月7日「新聞も意識を変えてこそ」メディア時評 毎日新聞
  • 2018年6月1日「「手作り=愛情」は呪い 日本の家事レベル下げよう」毎日新聞経済プレミア
  • 2018年4月29日「米国帰りのあの人が「アメリカ人っぽくふるまう」のには理由があった」現代ビジネス
  • 2018年4月27日「「まるで昭和!」セクハラ次官に若者は絶望した」毎日新聞経済プレミア
  • 2018年4月13日「育休明け「降格で仕事そのまま」は違法でマタハラ」毎日新聞経済プレミア
  • 2018年3月9日「「保育園から幼稚園に転園」働く母親のなぜ?」毎日新聞経済プレミア
  • 2018年3月1日「保育園に落ちて仕事もタワマンも失いかけたバリキャリ女性の苦悩」現代ビジネス
  • 2018年1月25日「「名もなき家事」の大変さを見て見ぬふりの夫たち」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年12月29日「産後に夫を殺したくなる妻たちの告白」現代ビジネス
  • 2017年11月29日「21世紀なのにまだ「子連れ論争」をしますか?」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年11月10日「「育休を取ると出世できない」は本当か?」現代ビジネス
  • 2017年10月20日 「やはり父親は「育児」より「娯楽&テレビ」という現実」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年9月8日 「ママ友の優しさに涙した“ワンオペ育児父”の新発見」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年9月2日「社会学的に解き明かす、人気ママタレの条件は「夫の職業」にあった」週刊女性PRIME
  • 2017年8月25日 「仕事大好き30代父親がある日突然ワンオペ育児に!」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年8月11日 「育児分担は週末だけ?知られざる「ワンオペ育児」の裏」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年6月2日 「「仕事+家事+育児」をこなす男たちの焦りと苦悩」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年5月12日 「表向きホワイト企業でもパワハラ横行の闇」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年4月21日 「非正規シンママ年収223万円このままでいいのか」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年3月31日 「男が家事・育児をしない理由は本当に「長時間労働」か?」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年2月24日 「グラミー賞アデルとビヨンセが見せた「母の苦悩と誇り」」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年2月3日 「父親が育児をするなら EU並み残業上限32時間に」毎日新聞経済プレミア
  • 2017年1月20日 「4児の父の大学教員「育休取ったら昇給消えた」」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年12月19日 「ブラック労働と同じか「孤独なワンオペ育児」」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年12月7日 「活躍アピール「自称イクメン」に女性がイラつく理由」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年11月25日「 働く母親はいつまで上司と同僚に謝り続けるのか」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年11月11日 「超高い壁「恋愛・結婚・子供」で揺れる男子たち」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年10月28日 「高スペック男子結婚したい症候群のなぜ」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年10月7日 「妻の献身」はノーベル賞受賞に不可欠なのか」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年9月30日 「会社人間は無理!」内定ゆとり世代女子はわがままか」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年9月16日 「高熱でも休めない“ワンオペ”育児ママの過酷な毎日」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年8月12日 「夫の実家に帰省したくない」お盆の妻の憂鬱と本音」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年7月22日 「都知事選主要3候補が掲げる待機児童公約は?」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年7月6日 「「信頼と合意」で共存するしかない少子化時代の保育園」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年7月4日 「賛成反対だけでは解決できない保育園問題の複雑さ」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年7月1日 「保育園は迷惑施設? 子供の声を嫌う国は栄えるか」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年6月17日「30代共働き部下を「使えない」と責めるバブル上司の罪」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年5月20日  「家事分担の不公平感を覆い隠す「家族の神話」」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年5月6日 「意識高い男たちはいかに巧妙に家事から逃げるのか」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年4月15日 「女性活躍推進法は「非正規女性」を救うのか」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年4月1日 「女性活躍推進「家事も育児も管理職も」の非現実」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年3月25日 「「保育園落ちた!」絶望を上司と政治家は理解できない」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年2月26日 「認可に落ちて仕事を辞めるのは女ばかりの超理不尽」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年2月5日 「“4人家族幻想”が生む「2人目は?」プレッシャー」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年1月15日 「増える不妊治療「子供を持つのは当たり前」なのか」毎日新聞経済プレミア
  • 2016年1月1日 「「使えねー」と言われたくない父親は育児より残業を選ぶ」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年12月18日 「父親たちは育児を「しない」のか「できない」のか」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年12月4日 「地域の高齢者に育児家事を手伝ってもらう方法」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年11月20日 「育休パパを「約200人に1人」に抑えるパタハラ上司とは!?」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年11月6日 「取るのが大変取っても大変な育児休業の現実」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年10月9日 「子供をお迎えに行く父親は本当に出世できないのか」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年9月25日 「失敗すると職を失う「保育園探し」の一寸先は闇」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年9月11日 「子育てがリスクになる社会はおかしくないか」毎日新聞経済プレミア
  • 2015年8月28日 「産みにくく働きにくいままの国・日本は幸せか」毎日新聞経済プレミア

獲得研究費

  • 2017年度 アサヒグループ学術振興財団: 学術研究助成 生活文化部門 「外食産業・食文化のグローバル化と人の国際移動に関する研究」 900,000円
  • 2012年度-2015年度  文部省科学研究費補助金・基盤研究(C)「グローバルな文化生産におけるナショナル・アイデンティティの再構築に関する研究」研究代表者 5,200,000円
  • 2012年度 日本証券奨学財団 研究助成 「グローバル都市における文化生産と日本のアイデンティティの構築――米・英・仏比較調査から」研究代表者 900,000円
  • 2009年-2011年度 文部省科学研究費補助金・若手研究(B)「文化生産におけるトランスナショナル・アイデンティティと「日本人らしさ」の構築」研究代表者4,290,000円
  • 2008年度 大和日英基金 奨励研究 海外調査補助金 “Research on Japanese Artists in the UK”研究代表者 1,000ポンド
  • 2007年-2008年度 文部省科学研究費補助金・若手研究(スタートアップ)「国境を越えるメディアがナショナル・アイデンティティに与える影響に関する研究」研究代表者3,075,000円

講演等 

東京都ウィメンズプラザ、区市町村男女共同参画センター等  https://researchmap.jp/read0155917 「講演・口頭発表等」