Bullshit Jobs: A Theory 紹介記事

FacebooktwitterFacebooktwitter

LSEのグレーバーの新刊書『Bullshit Jobs: A Theory(クソどうでもいい仕事-その一理論)』(邦訳は未刊行)の紹介文を書きました。

「大学の管理部門やヘルスケアの管理部門、人事、広報などの部門が拡大している。これらが「ブルシット・ジョブ」なのだ。こういった仕事は、やっている本人たちも何の役に立つかわからない」「まるで誰かが、私たちを働き続けさせるためだけに無意味な仕事をつくり出したかのようだ」「本当に役に立つ仕事の賃金は低い」

現代ビジネス「私たちが「クソどうでもいい仕事」に忙殺されてしまう意外な理由」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FacebooktwitterFacebooktwitter